小川瓦(株)スタッフのブログ

屋根工事【石州瓦・三州瓦・KMEWルーガ・コロナ屋根材・OM折板】/リフォーム工事/トイ・板金工事/門塀工事/エクステリア工事/左官工事/ガーデニングライト【マリブライト】/地域の情報/趣味/気になる情報/独り言/気楽にコメントください。

小川瓦株式会社ホームページのTOPは http://www.ogawakawara.co.jp 【ブログのリンクからもいけます】
ローマ古代遺跡における一東の大理石彫刻
0
         ☆★☆★☆★ お知らせ ☆★☆★☆★

    白い息吹 歴史の風

    ローマ古代遺跡びおける一東の大理石彫刻

    2009年5月〜10月

    企画 コルサニーニスタジオ、伊日財団

    後援 イタリア文化財団、ローマ県、日本大使館、日本文化会館

    杭谷一東氏の大理石彫刻が30点、チェチリア・メッテラの墓廟、クインティリ家の邸宅、そしてマッシモ宮(ローマ国立博物館)にて、ローマで初めて
    展示されます。


    一東氏の彫刻作品は、地上で生まれ天へと発信される形やイメージに生命を与えるという、芸術家と大理石の密接な関係から生まれます。この自然と密接な関係は、芸術家と素材という物質的な対話にとどまらず、杭谷作品の研究家であり評論家であるエンリコ・クリスポルティ教授が表現するように、「対話、歩み、接近を促す環境造形」を作成するものです。



    古代ローマ人も同じようにこの素材「大理石」の使用に情熱を傾けました。そのローマ古代遺跡の妄想的な風景が広がるアッピア旧街道において、一東氏の作品が、芸術家と自然と全人類の対話に新しい形を与えます。そして、人間と自然の対話、和解、共存といった重要な価値を再び提示し、過去と未来をつなぐ橋となります。




    《イメージ拡大》





    《イメージ拡大》




    尚、こちらのイベントのスポンサーを広く募集しております。

    ※ご協力いただきました場合
     展覧会に関する全ての資料(カタログ・ポスター・パンフレット、招待状・新聞発表)において、貴社のご協賛を明白な形で掲載されることになります。


    《詳しい資料請求は下記までご連絡ください》

    杭谷一東 メールアドレス itto@kuetani.net

    ホームページ
    こちら→http://kuetani.net/jindex.html





    | 【杭谷一東】 | 09:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
    杭谷一東後援会からのお知らせ
    0


      杭谷一東後援会設立式典

      日時:平成20年 6月15日(日)午後3:30〜

      場所:せら文化センター2階 第二会議室

      世羅学園通り【一東 彫刻展】

      期間:平成20年 6月13日(金)〜20日(金)

      場所:世羅学園通り町屋美術館

      ○ 世羅学園通りには杭谷一東作の大型モニュメントが三体設置されています。

      ○ 杭谷一東後援会設立記念イベントとして一東彫刻・パネルが通りに展示 されています。

      ○ 小中高校や文化医療福祉施設が連なり学社が共に美観づくりに取り組んでいます。

      ○ 歩道整備に始りマツバ菊の植付け・公園施設・世羅高堀割修復など展開中です。

      ○ 世羅学園通りのシンボルフラワーマツバ菊も満開です・・・ご散策下さい。

      《散策案内図》




           ☆★☆ 杭谷一東後援会入会のお誘い ☆★☆

      私たちは、郷土が生んだ世界的彫刻家 杭谷一東(くえたに いっとう)後援会作りを進めています。

      一東は世羅町宇津戸の出身で、伯父にあたる彫刻家 円鍔勝三に見出され、 彫刻家としての道を歩み始めました。「湧き出る感性は、故郷の野山を駆け回った幼年期に創られる」と語ります。

      活動の拠点を大理石とワインの産地イタリア・カッラ ーラと東京・広島に置き、世界に名だたる大理石彫刻を数多く制作しております。

      内なるエネルギーは自然環境や人の営みと同化した形で大理石に掘り出されます。

      彫刻作品は、世羅町内8か所・備後地区を中心に広島県内20数箇所から国内外に大型モニュメントとして設置されています。魅了された多くのコレクターは、其々大切な場所に、彫刻を飾り楽しんでいます。

      代表作は、尾道市瀬戸田町の『未来心の丘』で、
      3000トンにも及ぶ大理石を使い、12年の月日を費やして制作した国内は 勿論世界にも例を見ない大理石彫刻群で、世界的コンテスト「2005大理石建築大賞」を受賞しています。

      ローマのアッピア旧街道遺跡群で、大規模な大型作品の個展が2009年から展開されようとしています。

      故郷の子供たちが感性豊かに育つ環境作りに、身魂を 注ぎたいと常々口にしています。


       後援会は、自然豊かに花や果実が実り、芸術・文化・スポーツの盛んな、心豊かに住める世羅の町に、発展させたいと願っています。

       その先頭を駆け、世界で活躍する杭谷一東を、応援する後援会にあなたも
       加わって下さい。子供たちの参加も歓迎します。

                        杭谷一東後援会 会長 藤原紀男

      連絡先 事務局 橘高精三(世羅町本郷 0847−22−1263)


      世羅学園通りに関する情報はこちらから 
                     ↓
            http://www3.ocn.ne.jp/~abe/sera.html




      続きを読む >>
      | 【杭谷一東】 | 11:39 | comments(2) | trackbacks(0) |
      彫刻家 杭谷一東
      0
        今日、一東先生が広島に戻られました!!

        今、イタリアローマでの展覧会で忙しい中、広島での活動のことで

        世羅に戻られたみたいです!!

        冒頭に一東と申しましたが、先生は杭谷一東から一東に変わりました!!

        とのことです!!!

        今日何気なくyou tubeを見ていたら一東先生の動画がありましたので

        紹介いたします。




        ローマの展覧会のことを言っています!
        | 【杭谷一東】 | 22:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
        世羅ギャラリー
        0
          杭谷一東先生の作品は、世界的にスケールの大きいモニュメント(瀬戸田:耕山寺内)もあれば、駅前や広場・公園また会社の庭や玄関などに数多くの作品を制作していますが、家の中・会社の応接間などにさりげなく飾ることができるコンパクトな作品もたくさんありますよ。
          小川瓦ま問い合わせをいただければ、お見せすることが出来ます。



          ぽちっとお願いします。
          拍手
          人気ブログランキングへ
          | 【杭谷一東】 | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
          世界の有名な賞も受賞
          0

            彫刻家杭谷さんの数々の賞とモニュメントの実績を紹介しておきます。

            グループ展・公募展
            1977年 - 第3回ラヴェンナ国際ビエンナーレ 金賞受賞
            1977年 - 第11回クワドリエンナーレ出品
            1979年 - 第4回ラヴェンナ国際ビエンナーレ 金賞受賞
            1979年 - 第1回ヘンリー・ムーア大賞展(箱根彫刻の森美術館)
            1980年 - 国際彫刻ビエンナーレ大賞受賞(イタリア・マリーノ市)
            1981年 - 第2回ヘンリー・ムーア大賞展(箱根彫刻の森美術館)
            1987年 - 第5回ヘンリー・ムーア大賞展(美ヶ原高原美術館)
            1988年 - 国際石彫シンポジウム(西ベルリン)
            1989年 - 国際石彫シンポジウム(バルセロナ)
            1990年 - 個展形式4人展(日独文化センター ベルリン)
            1998年 - 第9回国際ビエンナーレ(イタリア・カッラーラ)
            2004年 - 和舒門 奇跡の広場(イタリア・マッサ海岸)

            モニュメント
            1981年 - 家族(胡椒石)ヴィラ・デジデーリ イタリア・マリーノ市
            1982年 - 家族(カッラーラ産大理石、花崗岩)府中市文化センター 広島県府中市
            1982年 - かたらい(花崗岩)広島県立府中東高等学校 広島県府中市
            1983年 - 平和アピール碑(カッラーラ産大理石)広島平和記念資料館 広島市
            1983年 - 経験(花崗岩)広島全日空ホテル 広島市
            1983年 - かたらい(カッラーラ産大理石)正田歯科医院 広島県甲山町
            1984年 - かたらい(カッラーラ産大理石)三原リージョンプラザ 広島県三原市
            1984年 - 水のデゥエット(花崗岩[赤、灰色])甲山町役場 広島県甲山町
            1985年 - 道程(花崗岩)宇津戸公民館 広島県甲山町
            1986年 - 太陽の滴(カッラーラ産大理石、花崗岩)春日池公園 広島県福山市
            1987年 - 敬意(カッラーラ産大理石)美ヶ原高原美術館 長野県武石村
            1988年 - 敬意(アフリカ黒花崗岩)ふくやま美術館 広島県福山市
            1988年 - 家族(ブロンズ)株式会社ナカタ・マックコーポレーション 尾道市
            1989年 - 大地の鼓動(カッラーラ産大理石)新尾道駅 広島県尾道市
            1989年 - 大地の鼓動(カッラーラ産大理石)カタラン広場 バルセロナ
            1990年 - 大地の鼓動(カッラーラ産大理石)藤原眼科 広島県世羅町
            1990年 - 敬意(カッラーラ産大理石、アフリカ黒花崗岩)日独文化センター ベルリン
            1991年 - 大地の鼓動(カッラーラ産大理石)ミノーリ市 イタリア
            1991年 - 家族(カッラーラ産大理石)久井カントリークラブ 広島県久井町
            1991年 - 共有(カッラーラ産大理石)株式会社北川鉄工所 広島県府中市
            1992年 - 敬意(カッラーラ産大理石)広建コンサルタンツ株式会社 広島県福山市
            1992年 - 水の城(花崗岩)福山城公園 広島県福山市
            1993年 - 大地の鼓動(カッラーラ産大理石)通町公園 千葉市
            1993年 - 太陽への道(カッラーラ産大理石)広島県立びんご運動公園 広島県尾道市
            1994年 - 共生(カッラーラ産大理石)府中市体育館ウッドアリーナ 広島県府中市
            1994年 - 共生(カッラーラ産大理石)新市中央緑地公園 広島県新市町
            1995年 - 未来心(カッラーラ産大理石)広島県立世羅高等学校 広島県世羅町
            1995年 - 共生(カッラーラ産大理石)千代田区いきいきプラザ一番町 東京都千代田区
            1996年 - 共生(花崗岩)北部市民センター 広島県福山市
            1997年 - 共生(カッラーラ産大理石)八田原ダム 広島県甲山町
            1997年 - 卵の城(カッラーラ産大理石)かごしま健康の森公園 鹿児島市
            2000年 - 未来心の丘(カッラーラ産大理石ほか)耕三寺博物館 広島県瀬戸田町
            2004年 - 和舒門(カッラーラ産大理石)三原市水道局 広島県三原市
            2004年 - 家族(カッラーラ産大理石)ポケットパーク6 広島県御調町
            2004年 - 館祖 奥 愛次郎 胸像(ブロンズ)広島県立日彰館高等学校 広島県三次市
            2004年 - 天地花(カッラーラ産大理石)世羅学園通り天地花公園 広島県世羅町
            2004年 - 未来心(カッラーラ産大理石)甲山中学校 広島県世羅町
            2004年 - 敬意(カッラーラ産大理石)本郷生涯学習センター 広島県本郷町


            ぽちっとお願いします。
            拍手
            人気ブログランキングへ
            | 【杭谷一東】 | 18:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
            彫刻家
            0

              小川瓦(株)ホームページに、彫刻家杭谷一東をリンクしました。ブログで紹介しようと思っていたら、ちょうど杭谷先生がこられ小川瓦内にある杭谷先生の世羅ギャラリーで、お客様と待ち合わせをしてるとのことでした。イタリアの大理石の彫刻に興味のある方は、小川瓦(株)までご連絡いただければいつでも内見することができますよ!!
              《プロフィール》を紹介します。
              杭谷 一東(くえたに かずとう、1942年 - )は、広島県甲山町(現世羅町)出身の彫刻家である。

              圓鍔勝三に師事し、1962年に日展初入選以来、連続8回入選を果たす。
              1969年にイタリアに渡りペリクレ・ファッツィーニに師事。
              イタリアカッラーラにアトリエを構え、制作活動を行なっている。
              彫刻作品と自然景観との融合を目指した「環境彫刻」がライフワークである。

              略歴
              1942年 - 広島県世羅郡甲山町に生まれる
              1957年 - 彫刻家 圓鍔勝三氏に師事
              1962年 - 日展初入選 以後連続8回入選
              1969年 - イタリア国立アカデミー(ローマ)彫刻科入学
              1969年 - 同アカデミーでファッツィーニ教授に師事
              1971年 - イタリア国立アカデミー卒業
              1971年 - 同アカデミー最優秀ミネルヴァ賞を受賞
              1974年 - ファッツィーニ教授の助手としてヴァチカン宮殿謁見の間のキリストの復活」制作に参加
              1988年 - 耕三寺博物館 巍々園の「未来心の丘」制作開始
              1990年 - ヴァチカン宮殿にてローマ教皇ヨハネ・パウロ2世に謁見
              1993年 - 広島ホームテレビより文化賞受賞
              2000年 - 耕三寺博物館 巍々園の「未来心の丘」第1期オープン
              2004年 - カラーラにてチャンピ・イタリア大統領に謁見
              2005年 - MAA(マーブル・アーキテクチュアル・アワード) 大賞受賞
              2006年 - 広島文化賞受賞


              ぽちっとお願いします。
              拍手
              人気ブログランキングへ
              続きを読む >>
              | 【杭谷一東】 | 14:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
              CALENDAR
              S M T W T F S
                  123
              45678910
              11121314151617
              18192021222324
              252627282930 
              << June 2017 >>
              SELECTED ENTRIES
              CATEGORIES
              ARCHIVES
              RECENT COMMENT
              モバイル
              qrcode
              LINKS
              PROFILE