小川瓦(株)スタッフのブログ

屋根工事【石州瓦・三州瓦・KMEWルーガ・コロナ屋根材・OM折板】/リフォーム工事/トイ・板金工事/門塀工事/エクステリア工事/左官工事/ガーデニングライト【マリブライト】/地域の情報/趣味/気になる情報/独り言/気楽にコメントください。

小川瓦株式会社ホームページのTOPは http://www.ogawakawara.co.jp 【ブログのリンクからもいけます】
三州瓦鶴弥【サマースノーシリーズ瓦】
0
    太陽光エネルギー高反射瓦



    詳しくはこちらから


    サマースノー 製品特徴
    -----------------------------------------------------------------

    ◇太陽熱反射性能
     サマースノーは、太陽光エネルギーを反射する特殊な釉薬層で60%以上の太陽熱を反射します。住宅に降り注ぐ太陽エネルギーを断熱するのではなく、太陽エネルギー自体を反射するので、熱がこもることがありません。

    ◇防汚性能
     瓦表面の釉薬層はガラス質のコーティング層で、光沢のある平滑面です。親水性が高く雨が降った後(湿潤時)には高い滑り性能を発揮するので、大気中の汚れを落とすセルフクリーニング機能を持っています。
    また、釉薬と基材の膨張収縮率を合わせているので、表面に入る微細なクラック(貫入)の発生を抑制し、さらに汚れの付着を防ぐことができます。

    ◇耐久性能
     サマースノーは、基材の粘土と表面の釉薬を1,130℃の高温焼成することにより、釉薬がガラス質のコーティング層になり、その中の金属が酸化反応して、非常に高い耐久性を持つセラミックス素材になります。そのため、高い反射性能を長期間維持することが出来ます。


    人気ブログランキングへ


    | 【三州・鶴弥】瓦の紹介 | 16:45 | comments(0) | - |
    屋根工事【フリー・エアー工法】
    0
      ◇三州瓦の鶴弥から【フリー・エアー工法】のシステムが3月中旬から販売されます。
      高耐久屋根システム『フリー エアー 工法』
      Free Air Method
      高耐久な住宅が求められ、200年住宅にも対応出来る屋根が求められています。
      当社の製品である陶器瓦は他の屋根材と比べ非常に高い耐久性を持っていることは良く知られ
      ていますが、屋根全体の耐久性を考えたときに、その高い耐久性を活かしきれていませんでした。
      それは瓦の下地となる、野地板の腐食や2次防水のための下葺き材(ルーフィング材)の劣化の恐
      れがあるからです。
      高温多湿な日本の住宅において、金属系やスレート系の野地板に密着するタイプの屋根材では、
      結露などによる湿気で野地板が腐食したり、夏場の熱で下葺き材が劣化し止水性能を維持出来ない
      という問題が顕著です。ただし、その問題は陶器瓦においても発生の可能性は否めません。
      鶴弥では、野地面上の空気が自由に流れる瓦桟木と野地面の空気を棟部で排出する乾式棟部材、
      遮熱性透湿ルーフィング、パッシブ型小屋裏換気棟などを組み合わせた高耐久屋根システムを開発
      しました。それが“フリー エアー 工法”です。

      詳細はこちらから


      人気ブログランキングへ
      | 【三州・鶴弥】瓦の紹介 | 11:45 | comments(0) | - |
      CALENDAR
      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << June 2017 >>
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENT
      モバイル
      qrcode
      LINKS
      PROFILE