小川瓦(株)スタッフのブログ

屋根工事【石州瓦・三州瓦・KMEWルーガ・コロナ屋根材・OM折板】/リフォーム工事/トイ・板金工事/門塀工事/エクステリア工事/左官工事/ガーデニングライト【マリブライト】/地域の情報/趣味/気になる情報/独り言/気楽にコメントください。

小川瓦株式会社ホームページのTOPは http://www.ogawakawara.co.jp 【ブログのリンクからもいけます】
<< 世界の屋根はまた違いますね!! | main | ブログの更新 >>
材料の値上げ
0
    みなさんお元気ですか?

    瓦が値上がり致します!!

    三州メーカー:7月1日以降15%〜
    石州メーカー:当然値上がり致します。15%〜20%範囲
    その他屋根下地材(アスファルトルーフィング等)10%から15%位
    ステンレス釘や銅線等あらゆる建築資材等が値上がりします。

    全国的に7月以降の屋根工事は値上がりする傾向にならざる終えない様です。

    建材メーカーは、住宅着工数が伸びない中で生き残りをかけ頑張っている

    最中、原油の高騰がかなり影響を及ぼしています。

    昨年から、メーカーの相次ぐ倒産や廃業とかなり深刻な状況下での

    製造原価の圧縮にメーカーは頑張ってきましたが、

    今回の値上げに踏み切られたのです。

    瓦は、トンネル窯や単窯など粘土を焼成して製造しております。

    もちろん燃料は、石油だったり天然ガスです。

    窯はたびたび温度を下げることはできないため多くの燃料を

    必要とします。

    皆様方のご理解とご協力をお願い申し上げます。





    | 【瓦業界の動向】 | 09:04 | comments(2) | trackbacks(0) |
    コメント
    おせっかいな一言
    瓦業界は過去10年ほどで、凄まじい動きをしましたね
    格安単価で平板をハウスメーカーに売り込んで、平板の
    大量生産を進めてきた三Oの大手窯元のせいで、国内各地の
    窯元を閉鎖に追い込み、今や三Oの多くの窯元まで倒産に
    追い込み、自分だけが残ればと言わんばかりの体質に
    結果、現在のように和形職人の仕事を奪い、工事単価の
    低下を促進させたことは、いかに競争の世界とはいえ
    瓦の伝統を失う様な事態を招いた責任はあるのではないで
    しょうか?
    今の瓦離れは、地震だけが原因とは、はなはだ言い訳と
    言うのは、無責任ではないでしょうか?
    私たちの先人たちは、過去の大地震があったにせよ
    瓦を大切にしてきたはずではないのでしょうか?
    私は、国内各地の伝統的な瓦は大切に継承すべきだと
    思います。
    三Oが淡路瓦をつぶし、石州をつぶしではなく
    三Oがリードして、淡路・石州・越前・小松・安田・奈良
    岐阜・さまざまな地瓦との共存共栄を図るべきであったと
    思わずにはいられません。
    なぜなら、各地のそれぞれの瓦には、それぞれの大切な
    瓦の伝統や特色があるからです。

    では、差し出がましいコメントで失礼しましたm(__)m
    | fuuchan | 2008/06/06 8:42 PM |
    >fuuchan さんへ
    コメントありがとうございます!
    本当にこの10年でこの瓦業界も大変な動きがありましたね
    まさに、今北極の氷がどんどん解けていくようにですね!
    昔、エネルギーが石炭から石油に変わりそしてこれから
    バイオエネルギーなどに変貌していく様に、時代の流れと
    言ってしまえばそれまでですが!・・・
    売り手と買い手の間にはニーズというものがあるからそれは
    大事なことだと思います!
    メーカーは、それにこたえる必要があるわけで、まして
    会社が大きくなれば、たくさん商品を売らなければ成り立たないのが常です!
    最近では、新素材屋根材ルーガ(クボタ・松下電工外装)が
    出した軽くて丈夫な屋根材も出ました。
    すでに弊社も取り扱いましたが評判は上々です。
    石州瓦のメーカーで来待色の瓦で本来待だけを専門に細々と製造している亀谷窯業という会社がありますが本来待瓦ではどこにも負けないブランド力があります。
    これからは、メーカーさんも考え方を変えていかなければ
    生き残れない時代が来ますね!!
    似たような話でいつも思うのが、鹿児島いも焼酎蔵元の森伊蔵と言う焼酎です。同じいも焼酎メーカーと違った販売方法で今では、焼酎のブランドもしかり2,500円の焼酎が
    プレミアムがついて45,000円から60,000円の
    価格で取引されていますよね!!
    仕方がないのです、抽選に当たらなければ飲めない訳ですから・・・・これもまた似たようなものでは??
    大きいメーカーと競争するための知恵はいくらでもあるのではないかなーーーと生意気ながら思うだけの私ですが・・・
    すべての住宅関係は、今が一番正念場ですね!!!
    | iizuka | 2008/06/08 9:24 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.ogawakawara.co.jp/trackback/738889
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE