小川瓦(株)スタッフのブログ

屋根工事【石州瓦・三州瓦・KMEWルーガ・コロナ屋根材・OM折板】/リフォーム工事/トイ・板金工事/門塀工事/エクステリア工事/左官工事/ガーデニングライト【マリブライト】/地域の情報/趣味/気になる情報/独り言/気楽にコメントください。

小川瓦株式会社ホームページのTOPは http://www.ogawakawara.co.jp 【ブログのリンクからもいけます】
<< 杭谷一東後援会からのお知らせ | main | 瓦の漢字いろいろ【4】 >>
ローマ古代遺跡における一東の大理石彫刻
0
         ☆★☆★☆★ お知らせ ☆★☆★☆★

    白い息吹 歴史の風

    ローマ古代遺跡びおける一東の大理石彫刻

    2009年5月〜10月

    企画 コルサニーニスタジオ、伊日財団

    後援 イタリア文化財団、ローマ県、日本大使館、日本文化会館

    杭谷一東氏の大理石彫刻が30点、チェチリア・メッテラの墓廟、クインティリ家の邸宅、そしてマッシモ宮(ローマ国立博物館)にて、ローマで初めて
    展示されます。


    一東氏の彫刻作品は、地上で生まれ天へと発信される形やイメージに生命を与えるという、芸術家と大理石の密接な関係から生まれます。この自然と密接な関係は、芸術家と素材という物質的な対話にとどまらず、杭谷作品の研究家であり評論家であるエンリコ・クリスポルティ教授が表現するように、「対話、歩み、接近を促す環境造形」を作成するものです。



    古代ローマ人も同じようにこの素材「大理石」の使用に情熱を傾けました。そのローマ古代遺跡の妄想的な風景が広がるアッピア旧街道において、一東氏の作品が、芸術家と自然と全人類の対話に新しい形を与えます。そして、人間と自然の対話、和解、共存といった重要な価値を再び提示し、過去と未来をつなぐ橋となります。




    《イメージ拡大》





    《イメージ拡大》




    尚、こちらのイベントのスポンサーを広く募集しております。

    ※ご協力いただきました場合
     展覧会に関する全ての資料(カタログ・ポスター・パンフレット、招待状・新聞発表)において、貴社のご協賛を明白な形で掲載されることになります。


    《詳しい資料請求は下記までご連絡ください》

    杭谷一東 メールアドレス itto@kuetani.net

    ホームページ
    こちら→http://kuetani.net/jindex.html





    | 【杭谷一東】 | 09:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.ogawakawara.co.jp/trackback/765008
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE